一度できたら治りにくい。頑固な顎ニキビ。

一度できたら治りにくい。頑固な顎ニキビ。
私の顎に最初にニキビができたのは、中学生のころでした。
ほおづえをついたり、その頃は思春期ということもあり顔にニキビができるのは頻繁に起こっていましたが、顎ニキビは他の箇所よりも触れてしまうことが多く、最初にできたときにも、良くないとわかりながらもつぶしてしまいました。
潰してはかさぶたになり、それをまたいじってしまい、またかさぶたに。
無限ループのように繰り返し、次第に大きくなってしまったころには治すのも大変でした。寝る前に塗り薬を塗り、絆創膏を貼って寝るという方法を繰り返しました。
だんだんと肌も落ち着いた20歳すぎたころにも、生理前などのニキビは顎にできることが多くなりました。まるで根っこがあるかのように、同じところにできるのです。
いくつになっても気になって触ってしまう顎。
気がつくと朝顎から血を出していたなんてこともありました。
何度もニキビができ、その度にかさぶたにしてしまっていた為、肌にもシミまではいきませんが、黒ずみができてしまいました。
いい加減このままでは良くないと思ったので、顎ニキビについて調べ、なるべく手は常に綺麗な状態を保ち、ほおづえはつかない、ニキビができた時点で早めに皮膚科で処方された塗り薬を塗ってたっぷりと睡眠をとる。
ピーリングを定期的に行うなど、肌トラブルをなるべくなくすようこころがけたところ、最近はあまりできにくくなりました。
できてしまっても、決して潰さないようにすることをおすすめします。
深い根っこのようなものができてしまうと、一生悩まされる事になるので注意してください。
気になる顎ニキビを解消したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です